FC2ブログ
♪ ParkBar 1/2周年記念動画
全記事表示リンク
にほんブログ村
バー・ブログの紹介
Twitter...

バーの基礎知識:カクテルを飲んでみよう

バーに入って、飲んでみたいけど・・・、と思っても、何を注文したらいいのだろう・・・、という思う方が多いのが、カクテルではないでしょうか。
カクテルの種類は、それはもうたくさんあります(^^)。
そして、バーテンダーやカクテル好きの方々が、新しいカクテル作りに挑戦しています。
全部は覚えられませんね。

定番と思われるカクテルを以下に列挙してみます。
  • アレキサンダー
  • カンパリ・ソーダ
  • ギムレット
  • サイドカー
  • シンガポール・スリング
  • ジントニック
  • スクリュー・ドライバー
  • ソルティ・ドッグ
  • ダイキリ
  • テキーラサンライズ
  • バレンシア
  • ピンク・レディ
  • ホワイト・レディー
  • マティーニ
  • マルガリータ
  • マンハッタン
  • モスコー・ミュール
  • モスコニュール
  • モヒート
  • レッドアイ
  • ・・・

カクテルを注文するときは、バーテンダーに「カクテルはよく知らないんだけど・・・」と話し掛けてみましょう。

幾つかの質問に答えると、バーテンダーがお好みのカクテルを作ってくれると思いますよ。

また、同じカクテル名でも、お店ごとの味があります。
同じカクテルをいろいろなお店で飲むのも面白いと思います。

お酒・bar板より「酒に関する名言、迷言でも集めてみようか」

[お酒・bar] 酒に関する名言、迷言でも集めてみようか」より、抜粋。

50代以降の方がよくお使いになるイメージがあります。

酒の一滴は血の一滴


ロシアの諺のようです。

男が飲むと家が半分燃え上がる。
女が飲むと家全体が燃え上がる。


人類に五千年後がありますように。

人類は五千年前にも酒を飲んでいた。現在も酒を飲んでいる。
そして五千年後だって、やはり酒を飲んでいるだろう。
…人類に五千年後があればの話だが。


あとで後悔したことが何度あることか・・・。

勘定は酔っている時に払え。
シラフの時に払わされる勘定ほどバカらしいものはない。


映画「カクテル」より

どんなに時代が進歩しようとも、酒を飲まない男は男ではない


お酒の雰囲気は大切ですね。

安い酒でも楽しく飲めれば美味い酒
高い酒でも寂しく飲めば不味い酒


カッコイイです。村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」

もし僕らのことばがウィスキーであったなら、もちろん、
これほど苦労することもなかったはずだ。
僕は黙ってグラスを差し出し、あなたはそれを受け取って
静かに喉に送り込む、それだけですんだはずだ。
とてもシンプルで、とても親密で、とても正確だ。


バーの基礎知識:最初の一杯

まずは、ドリンクのメニューを見せてもらいましょう。

どんな種類のお酒を揃えているのか、価格帯はどれくらいかを把握しておくと安心です。
※メニューに記載されていないお酒もあります。

初めてのお店の一杯目は、ジントニックやハイボールを注文される方が多いように思います。

ジントニックはジンとトニックウォーター、ハイボールはウイスキーとソーダ(炭酸水)、とてもシンプルな素材で作りますので、お店のこだわりを垣間みることができ、お店の味を知りやすい飲み物といえます。

『いらっしゃいませ』篇


『も、いいね』篇

バーの基礎知識:初めてのバーへ行く。幸せになる勇気を出して、扉を開けてみよう!

会社からの帰宅途中、「あれ? こんなところにバーが出来たんだ」と気がついて、すぐにお店に入れる人もいます。

多くの方は、何回かお店の前を通り、どんなお店なのか知りたくて何気なくチラ見したりして、入ってみようかなぁ、どうしようかなぁ、といった葛藤があるのではと想像します。

私がそうでした。
チラ見して、たまたまお客さんがいなかったとき、「今がチャンスだ!」と思って入ったこともあります 

初めてのお店に行くときは、早めの時間がベストです。
時間に余裕があれば、開店直後でもOK(笑)。

扉を開ける瞬間、緊張します!
ParkBar_01.jpg

お店の方が入り口に視線を向けてきます。
目が合って「いらっしゃいませ!」の言葉が、一歩を踏み出す勇気を与えてくれます。
扉を開けた瞬間、「あれ?なんか違う・・・」と思ったときは、「間違えました」と退散して良いのです。無理することはありません。

幸せになる勇気を出して、扉を開けてみましょう!


中に入って行くと、大体の場合、バーテンダーさんが「こちらへどうぞ」と声をかけてくれます。「お好きなところにどうぞ」と言われたときは、ホントに好きなところへ

声をかけてくれなかったときは、「ここ、いいですか」と尋ねるのが良いですね。
この最初の会話のやり取りで、緊張感が少し和らぎますよ。


初対面の人との会話もたいへん緊張するものです。

会話のきっかけとして、「帰り道に気になってました」「友達から聞いてきました」「ネットで見つけました」「いつ頃開店したのですか」などなど、お店を知った話も良いですよ。

緊張しているのはあなただけではなく、バーテンダーさんも同じように少し緊張しています。どんなお客さんなのだろう・・・と。
バーテンダーさんもお店に来てくれた理由がわかると、少し安心します。

そして、「会話」が始まります。


続く

バーの基礎知識:バーへ行く心構え。

「心構え」と大上段に構えるほどのものは無いと思っています。

ただ、バーの店内は居酒屋とは異なりますので、「少し知っておいたほうが良いかも」と思うことを幾つかご紹介します。

バーの店内に絶対にあるもの、それは「カウンター」です。
カウンター

少し高さのある椅子に腰掛けてカウンター席で横並びに座ります。
4人以上になると話が「遠く」なりますね。

初めてお店に行くときは2人で、2回目からは1人で行くと良いかなと思います。
1人で行くときの時間帯は、開店直後がオススメです。
※個人的主観です。ちなみに Park Bar の営業時間は18:00~翌2:00、無休です。
フォーマル姿を求められるエリア内にあるバーなどでは、服装の注意が必要な場合もあるようですが、ほとんどのバーではカジュアル系で構わないと思います。
ジーパン&Tシャツで行かれる人もいれば、帰宅途中のスーツ姿の人もいらっしゃいます。
※さすがに、タンクトップ&ビーチサンダルは厳しいかも。

バーテンダーが、カウンターの向こう、あなたの前に移動してきました。

「お酒の知識なんて、ないよ~。何を頼んだらいいの~?」なんて、心配しなくて大丈夫!

「そんなにお酒に強くないので・・・、」と話せば、お酒と接客のプロであるバーテンダー、幾つかの質問をして、あなたが「美味しい!」と飲んでもらえそうなお酒を提案してくれます。

バーテンダーは「○☓△□というカクテルはいかがですか?」と聞いてきますが、名前なんて、わからなくていいんです。
一言「何色ですか?」と尋ねて、その色が嫌いでなければ「じゃ、それ、お願いします!」でOK!。
「え?、まさか、こんな感じでいいの?」と思われるかもしれませんが、お気楽に過ごしましょう~。

※4人以上で行く場合
Park Bar(パーク・バー)には、テーブル席があり、カウンターにある椅子と同じ高さで、円形のテーブルを囲むことができます。
テーブル席
THEME:お酒全般 | GENRE:グルメ | TAGS:
ParkBar(パーク・バー)の紹介

ishida

http://www.parkbar.info/
2014年2月17日、久我山駅(徒歩2分)にオープンしたパーク・バー(Park Bar)。

ソムリエの資格を持つバーテンダーS氏が、居心地の良い空間と時間を提供してくれます。

ひとりでも気楽に行けて、お洒落な落ち着いた雰囲気。リーズナブルなお値段も魅力の一つです。

BAR が大好きな「DTPもわかるWebアドバイザー」が、Park Bar の特徴や魅力と、バーの楽しみ方などをご紹介します。

ドリンク・フードメニュー
パークバー:ドリンクメニュー パークバー:フードメニュー
Park Bar(パーク・バー)
〒168-0082
東京都杉並区久我山3-18-11
ビレッヂ しょうぜ1F
(久我山郵便局のすぐ右隣)
TEL:03-6675-2489
営業時間:18:00~翌2:00
定休日:無休(日曜営業)
地図 → 久我山にバーが出来たって、ホント?
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: